住まいを再生する

トップページ > 住まいを再生する

リノベーションとは

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更して性能を向上させたり価値を高めたりすることを言います。

建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させることです。

具体的には、耐震性や防火安全性を確保し耐久性を向上させる、冷暖房費などのエネルギー節約のため、IT化など変化する建築機能の対応・向上のために行われます。外壁の補修、建具や窓枠の取り換え、間取り変更、給排水設備更新、冷暖房換気設備の更新などを行います。

before
after

リノベーションとリフォームの違い

修復改善 Reform + 安心安全 付加価値 → Renovation 再生 リノベーション「Renovation」とは英和辞書を引くと「改善」や「修復」を意味し、リフォーム「Reform」と言葉の意味で大きな差は見られません。あえて区別すると、「リフォーム」は現状回復をベースとした「修復」
「リノベーション」はリフォームの役割に「安心・安全」と「付加価値」を追加した「再生」と位置付けられます。


高額な施工費用を住まいへの投資と捉えると「検査」によって建物の安全性を事前に確認、把握しておくことにより、施工が完了してから間もないうちに老朽化等のために住めなくなるといったような事例は避けられます。
「リノベーション」には施工費用の損失を回避する「リスクヘッジ」という側面があります。

リノベーションのメリット

住空間に自分らしさを
人が住まいに合わせるよりも、快適な暮らしのために住まいを人に合わせる。
至極自然な考えではないでしょうか。

住空間に安心・安全を
建物を一度丸裸にすることで実際に目で確認することができます。
更には建物検査により不具合が見つかった場合、改修工事の際に補修を行うことが出来ます。
また適正リフォーム完成検査保障制度により5年間の保証がつきます。

ローコスト
立地や広さなどによって変動しますが、平均すると、新築に比べてかなり割安であることがわかります。
住宅ローン借換えにより、利子の減額分をリノベーションに回すことでさらにコストを抑えることができます。
住宅ローン借換えについて詳しくはこちらをご覧ください。

自由設計
例えて言うなら、リノベーションはストックを素材にした注文建築です。
間取りや内装を一から見直すこともできるので、ライフスタイルに合わせた住まい創りが可能です。

お問合わせ

0120-56-0808 営業時間/AM9:00〜PM7:00 定休日/水曜日・第2木曜日

メールでのお問い合わせ